忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[09/21 サラサ]
[03/12 website design]
[02/21 shiho]
[02/09 shiho]
[09/16 ひかるっち]
最新記事
最新トラックバック
(10/01)
プロフィール
HN:
アニ
性別:
女性
自己紹介:
2008年3月から上海での生活になりまして…
上海で食べたものや見たものを書いてます。

リンクフリーですが、教えてくれたら嬉しい。
メールは ani.shanghai@gmail.com まで。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]
http://anishanghai.blog.shinobi.jp/
3年間のチャイナ生活を終えて日本に戻れたと思ったら、1年半後にまたチャイナ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは。
最近、蒸し風呂状態の上海からお送りしております。
8月って、こんなに暑かったっけ!?っていう位暑い。
恐ろしく暑い。ただただ暑い。
なので、ひたすらおうちにこもって涼んでおります。
外出ようもんなら熱中症になっちまう!アニです。


先日、友達Eちゃんとごはんを食べにAfternoon teaへ。
ここは、パスタとドリンク、そしてデザートのセットで88元という
大変お得プライスでお味もなかなかなステキスポットなんだけど、
私がセットで頼んだデザートったら、作るのに30分かかるらしい。

まあ、メイン食べてる間に作れば問題ないわけだからいっか と
思ったら、案の定・・・というか期待するこっちが悪いんだけど、
どうやら食事が終わってデザートください と言った頃から作り
始めたみたい。しょうがないから、友達にも悪いが待つ事30分、
アニが頼んだデザートがこれ。


10-8-13-1.jpg



























これのどこに30分もかかる要素があるのか多いに疑問。

まあ、注文入ってからワッフルを焼いてるんだろうけど、
それにしてもなぜこれに30分・・・?
しかも、待たせたわりにはこのワッフル、別にあったかくも
ないし、焦げ気味だし、つーかおいしくないしー!
(このパフェ的にはおいしかったんだけど、ワッフルだけ微妙)


というわけで、このデザートは30分待つ価値なし。
一緒に待ってもらったのにごめんねEちゃん。



また別の日。

週末のランチで日本食のおいしい銀平へ。
ここはご飯が小さい釜で炊かれていて、すごくおいしいんだけど、
時間が早かったおかげで、数量限定メニューのかまめしにお目にかかれた!!


これから釜で炊くため作るのに30分。


30分て以外と長く、その間にだんなは既に食べ終わってるし
お腹はどんどん空くしで、軽い拷問。
そして出て来たのはこれ



10-8-13-2.jpg



























キャーおいしそう!!





10-8-13-3.jpg




















全体図を撮りたいが為に、早々と来ていた小鉢やサラダも
取っておいたかいあり。



お味はもう文句無し!お腹が空いてたから余計においしく頂きました。
これで100元するかしないかだからすごいよなー。
お店の雰囲気よし、味よし、値段よし。夜はきっと高くなるんだろうけど、
ランチはおすすめー。



ちなみにこちらは来て間もなくだんなのおなかに収まった海鮮丼。


10-8-13-4.jpg



























タレが甘めでおいしい!!



以上、ワッフルも釜飯も待ち時間30分だったわけですが、
言わずもがな釜飯の圧勝。30分待った甲斐あったわー!


銀平:
上長市寧区仙霞路137号盛高国際大厦1F(太陽広場向かい)
021-6241-1400

PR
2〜3日前にようやく梅雨が明けたと思ったら、一気に真夏日よりなしゃんはい。

当然、街のオヤジたちはTシャツをぺろんとめくって腹出してました。
コレを見ると、夏が来た!って感じです。
夏の風物詩としてオヤジの腹出し。。。
いかがでしょうか?
アニです。


この間の週末、ずっとリベンジしたかったレストランがあったので、
そこに行ってきました。


リベンジ というのは、つまり以前行った事があったんだけど、
その時はイマイチだと感じたものの、2年経った今となっては
自分の舌もするどくなってその時に気付けなかったおいしさがわかるハズ!


という期待を胸に、行ってきました某有名スペインレストラン。
(と、名前は伏せつつも上海在住の方なら10中8、9分かるだろうな)

前回もブランチのコースメニューを頼んだけど、リベンジだから
今回も季節の?ブランチのコースメニューで!



10-7-20-3.jpg



























梨が入ったサラダと、冷たい何かのスープ。
メニューよく見なくて、何の食材なのかさっぱり。。。
サラダはオーガニックなだけあって新鮮!でも味は普通・・・
スープはちょっと苦手なタイプの酸味が




10-7-20-4.jpg



























続きまして、温泉卵の下なんだろ?じゃがいもではなさそう
だったけど、不明。
卵ずきなので、これはおいしかった!!



10-7-20-5.jpg




















続きまして、牛の赤ワイン煮?のバゲットバーガー みたいなの。
高級なレストラン風の味付けと申しますか。でもなんか微妙




10-7-20-6.jpg



























続きまして、これはわかる!かぼちゃのリゾット!
これは、優しいお味でした。でもちょっと物足りない・・・


ちなみにこのリゾット、お店の人が2つ持って来たから1人1つかと思ってたら
他のお客さんの同じコース頼んでたテーブルでは2人で1つだったみたいで。。

どおりで量が多いと思った。
まあ食べながら薄々は感じてたんだけどさ、これ2人で1つじゃないかな って。
でももう口つけてたしさ・・・


で、最後にデザート。

10-7-20-8.jpg



























季節のフルーツ(つってもスイカは中国じゃ1年中あるので、
どこ行ってもデザートに果物=スイカ なのよね。)
あと、クレームブリュレとレモンクリーム。クリーム系のデザートが
おいしかった!!


これで1人前150元。


ちなみに、2年前は内容似た感じのコースでしたが今回より高かった記憶が。
これ(料理)でこれ(値段)!?とビックリしたような・・・




今回も、おいしい物もあったけど友達から聞いていた程の印象は無かったな。

もしくは、ここはセットメニューでなくアラカルトで頼むべきなんでしょうか。
確かに通常メニューにはおいしそうな名前のメニューがたくさんあったけど。



今度は通常メニューからのアラカルトで3度目のリベンジ した方がいい?

ブログのはしっこにいる私のブログペット、
ブログを更新するとちょっとずつその書いた
言葉を変な風に覚えるんだけど、
この間眺めていたら
「青春おかわり!」
と言っていたのを見て、キュンとしました。
おかわりできるなら特盛りつゆだくで!
アニです。


猛烈にお腹がすいて、今すぐ食べたい って時、
なるべく近所で、気軽に外食できる所があると
すごく便利。ってわけで、今日はそんな時の為の
勝手にうちの食堂として認定しちゃったお店の紹介。



メニューであると大概頼んじゃう、
四季豆(si ji dou)の炒め物

5-24-5.jpg
オールシーズン穫れるから四季豆と言うらし。
てかいんげん。
でもこの時は四季豆が品切れで、代わりにちょっと細長い
やつならあるよ!と言われてそっちにしたんだけど、
違いが分からない。。。
ご飯の友達!!!




5-24-2.jpg
魚香茄子 麻婆ナスね。
こっちだと麻婆ナスはなぜか魚の香りと書く。
これもご飯の友達!!!
メニュー的には麻婆ナスが無く、麻婆豆腐のみだったんだけど、
頼んだら作ってくれた。



5-24-6.jpg
豚肉ワンタンのホットソース みたいなの。
多分ここのオリジナル。
ワンタンプルプルで、ソースがほどよくてヒットヒット!!



5-24-7.jpg
皮がプルプル




5-24-3.jpg
食べかけ担々麺。
ピーナッツ?胡麻?の甘さがたまらんおいしさ。
やるね!




5-24-8.jpg
おなじみ楊州チャーハン
これは普通のおいしさ



あと、最近ちょっとこじゃれフュージョン系の中華
みたいな所でよく見るちっさいみかんのジュース

5-24-1.jpg
名前不明。でも、どこでも同じ瓶で提供されてる気がする。
スッキリ柑橘系の味で好み。
結構量あります。


中国にいながら、そんなに中華って食べないんだけど、
何件か好きなお店があって、その中の一つで一番家から近いので、
勝手に食堂認定しちゃいました。

翡翠(Crystal Jade)
徐家匯 港匯広場 5F


このお店、日本にも東京と川崎にあるみたい。
上海にも何店舗かあるんだけど、同じ翡翠でも
高級店とカジュアル店があり、港匯広場店はカジュアルな翡翠。

シンガポールが本店のグローバルなレストランチェーンだから
いろいろ安心だしおいしい!


しばらく中華ともお別れなので、昨日食べ納め。
というのも、あさってから2週間程脱中国。やった!

日本経由でバルセロナとパリを回って、また日本で羽を伸ばして
来月帰国。来月からまた外で働くので、今のうちに悪あがき。

帰って来たらまたチョイチョイアップしようと思うので、
しばし更新ストップです。

無事に帰って来れますように。
では行ってきます。

オラ!
スペイン語でアミーゴって友達って
意味なんだよね?
山Pと亀梨ペアで「青春アミーゴ」って歌があったけど、
あれが「青春パンヨウ」だったら
どうだったんだろう?
(pengyou:中国語で友達の意味ね)
あ、どうでもいいですね。
アニです。


この間、数ヶ月ぶりな友達に会ったんだけど、
その時行った肉ランチがおいしくってたまランチだったんで、
それー。


南京西路の伊勢丹で待ち合わせをしていたんだけど、
お昼どうしよっかー?と言ってる時に、あー、そういや
前にこの伊勢丹の上の鉄板焼き屋さんで食べたランチが
おいしかったような気が・・・と思い出し、
そこへ行く事に。


カルビ焼き肉定食とか、ロース焼き定食?とか、
ハンバーグとか、何かの魚とか、ランチメニュー
豊富で、雰囲気や味や場所を考えるとそんなに
高くない気が。



カウンター席オススメ。

あ、でも前回もカウンター席で、確か目の前で調理してくれてた
と思うんだけど、今回は離れた所の鉄板で調理していた
らしく、気付いたらテーブルの上に肉が出来上がってた。
目の前で焼きますから!って為のカウンターではないのね。
ランチだから?


まあそんなの気にしない位、大変おいしゅうございましたが。


わたくしカルビ焼き肉定食@78元
やわらかくって、おいしかったー!!!


夜だと結構高そうなお店だけど、ランチなら
お手頃だぞっていうね。


河河亭(かかてい)
南京西路にある伊勢丹の5F

今回行ったのは土曜日だったけど、ランチやってたよ。
平日は日替わりランチをしてて、確か金曜日は
ロース肉の定食が55元だったと、うっすら記憶。

ここはリピートするわー。
暇なときにまとめてブログアップ!
アニです。

先日、ウン年間のチャイナ生活にピリオドを打って
日本に完全帰国した蘇州からの友達のリンちゃんが、
突然遊び来てくれまして。

せっかくだからどっか行った事無い所行こうよ!って事になり、
いろいろ案を出すも、いかんせんウン年いた彼女はほとんど
行ってたので、選択肢は屋内スキー場か森ビルの2択となるも、
時間の都合で森ビルに決定。

上海の新しい顔となった、でっかい栓抜き こと森ビル こと
上海環球金融中心へ。



ネットで写真お借りしました。
てかこの空は明らかに合成だーね。こんなにきれいな空のはずがない。


このビルの穴空き部分、当初はまんまるの予定だったんだけど
それだと日本の国旗を連想させるからダメー! となり、
栓抜きのような四角になったらしい。




ひとまずお昼どきだったんで、先にランチしよう!
ってことで、森ビル地下2階のY's tableへ。
いくつかのレストランがあって、高級フードコートみたいな所。
はじっこになぜか銀だこも。


銀だこ上海に来たのねー!アニの地元桐生の会社だから
がんばれ!って思っちゃう。上海に負けるな、銀だこ!


おっと脱線。


で、アニとリンちゃんはぐるりと見た中でサルバトーレに。
サラダバー+メイン好きなの+飲み物にデザートで108元とかだったかな?




モリモリ食べやさい ってことでモリっとサラダ。


サラダバーとしてはなかなかの充実で、普段野菜不足気味だから
モリっと盛ったらこれだけで既におなか八分目。





メインは数種類から選べたんだけど、これはチキンの
ピカタ云々。見た目からしてうまー!!
最後の方ちょっと味濃くて飽きてくるけど
それでもおいしい!

とここで、リンちゃんと気付いた事が。


なんか、周りが外国人もしくは日本人ばかりで、
中国人が以外と少なく、人数入ってるのに工藤 じゃなくて静か。

なんか、一瞬上海を忘れたよねー!! と二人でキャッキャ
するほど、上海じゃない!
ここ以外でも、外国人比率多い所はたくさんあるだろうし、
上海じゃないよ!って感じる所は多々あれど、むしろ日本っぽい
なんか丸の内だか六本木だかのどっかのビルのこざれた場所で
食事してるみたい! と感じたのは初めて。


でもね、デザートのこれ


これはちょっとイマイチだったな。

アイスのようなアイスでないような、なんか
よくわからないデザート。溶けないからアイスじゃないけど
アイスっぽい みたいな。私は微妙で。


お店の雰囲気の話に戻るけど、
人から聞いた話で、イタリアンとかフレンチって中国人の中でも
それなりにマナーのある人しか食べないから、特にこういう高級っぽい所は
お客さんの雰囲気もいいんだって。

まさにそんな感じのお店だな と。
また行きたいな と。

でも浦東行くのがめんどいな と。

"アニ" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.